良いとされている子供の教育とは?がわかるサイト

自由を与える余裕を持つ

時代それぞれに教科書があって、記憶に残ります。 現役小学生の教科書も、また、子供たちの記憶の引き出しの中に、収まるのでしょう。 選定された作者の作品が子供の心に響いていると思うと、のぞいてみたくなりますね。 挿絵まで、鮮明に覚えている人もいて、大事なものです。

できることは身近に

子供に愛情を示すにしても、言葉は選ばなくてはいけません。 小さな命であっても、もう立派な一人の人間です。 そう考えると、子供に向かい合う時にも、子供の気持ちを正すようにして、叱りつけないで下さい。 そのためには、自分の心身の健康もよく見つめ直しておきましょう。

バランスを考える

子供の成長のためには、基本的な栄養バランスの良い食事を考える方が良く、摂取には繋がりがあります。 骨の成長はカルシウム摂取が大切ですが、一緒に骨の材料のタンパク質や、カルシウムの吸収を助けるビタミンDも摂って、骨の形成を促すビタミンKも必要ということも覚えておいて下さい。

国語の教科書も面白い

無造作に折った、紙ひこうき。
紙を折って、翼を持った。
紙ひこうきになった。
腕に力を入れて思い切り、空にかざす。
飛ばしたら、風を切って、空を舞った。
地面に着陸したら、たからもの。
販売されている玩具より、手作りするところから見ていた、紙ひこうきの方が、子供の脳に、いいそうです。
自由に遊ばせる環境だけ、確認してあげればいいので、一緒に公園に行って試してみれば、喜びます。
発達に必要なのは、特に愛情です。
幼児の間に、脳機能の大半ができあがると言われているので、脳を活発化させられるように、親との交流が大切です。
子供の笑顔や嬉しい声に反応してあげると、子供もかえしてきます。
自然に触れる機会を作ってあげることが、大事とも言われています。
豊かな愛情を、子供が支えにして成長していけるようにサポートできるのが、理想です。
人生が決まるとも言える、子供の間にできる経験を支えてあげたいですね。
子供の食事の教育は、脳の成長に大切ですので、毎日の食事に取り入れると、特別なものでなく普段通りでいいので、意外に簡単です。
牛乳や乳製品にカルシウムが、肉や魚玉子にタンパク質、魚介類きのこにビタミンDが含まれます。
ビタミンKは納豆や緑黄色野菜等に多く含まれていて、和食の味噌汁や副菜、主菜メニューでの摂取も、安心です。
継続的に毎日、発酵食品の味噌や納豆などの食品を摂取できることは、腸の働きを活発にしてくれて腸内環境を整え、自律神経のバランスが整えられるので、助かります。

おすすめリンク

類塾の住所

類塾の本部は大阪府大阪市にあり、西中島南方駅が最寄り駅となっています。