良いとされている子供の教育とは?がわかるサイト

>

「叱られて」という童謡も感極まる

「口には出さねど、眼に涙」
作詞家の境遇で、口を結んで、母を慕い想う気持ちの強いのは、感じます。
語感のせいかもしれません。
小学校から、詩を習いますが、詩が好きな人と、嫌いな人がいるのは、確かです。
国語の、いろいろな表現方法が凝縮されて、歌にして、曲に乗せて、より一層感傷的になります。
歌い継がれる童謡も沢山あり、覚えた歌詞を一生忘れない一曲もあるかもしれない。
心に根付いて、人生の支えにもなり、日本語の美しさも、感じられます。
時代が変わって、義務教育もあって、恵まれているともいえます。
家族を想ったり、一緒に過ごす友達と共有する感情を確かめ合ったり、助け合ったり、かかわり方が子供の心の成長に影響します。

演劇

漠然と、子供の自立について、不安を感じる方は多いようです。
自己に向き合った、集中力などの教育も、大切です。
学校などの人の多い公共の場で、社会性が保てるか子供の性格を考えて、悩まれているかもしれません。
家庭環境で家族の人数が少ないと、限られた人との、かかわりだけになりがちです。
厳しすぎて、引っ込み思案になったり、全て決められて子供が考える猶予もない場合もあります。
コミュニケーション能力を高める工夫や教育で、違う表現ができるようになるかもしれません。
演劇教育もあります。
別の人格を演じて、自分自身ではないという表現で、自然に感情を表現できるようになるでしょう。
他人と協力したり、本番まで作り上げていく楽しさも心に刻むことができ、達成感が自信をつけます。


できることは身近に

この記事をシェアする