日本のゲーム市場では最も人気の高いMMORPGですが、一般的に呼称されている中には、メーカーが個別で作成されているプログラムとは別に、ソーシャルゲームやブラウザゲームなども含みます。そのため、ひと言でMMORPGと言っても範囲が広いので、自分がどのゲームをするかによって、選択するPCが変わってきます。まず、どの程度のスペックが必要かは、ゲームを提供するホームページで推奨環境が書かれているため、その要求を超えていれば特に問題はありませんが、どうしても分からない場合は、BTOパソコンを販売するショップなどでゲーム推奨のものを選べば問題はありません。しかし、簡易なソーシャルゲームやブラウザゲームといったものは、本格的な3DCGを処理するものではなく、基本的にブラウザで動かせる程度のため、ネットサーフィンができるスペックであればどんなPCでもよかったりします。大雑把な言い方になりますが、ブラウザさえ動けば良いので、旧世代の中古ノートパソコンを買ってきても動かすことは可能です。本格的なMMORPGなら、運営開始時期から計算してその年度以降に販売されたゲームPCを選ぶと良いでしょう。この場合はノートパソコンでは処理が追いつかず動かないという問題や、操作しづらい、画面が小さいということにもなるので、拡張性や先のことを考えるとデスクトップを選択しておくほうが後々のためになります。最新のMMORPGでは高いスペックを要求され、フレームレートが安定しなかったり、起動すらしないということもありえるので、最新式のゲーミングPCから予算が出せる範囲で高いのを購入することをおすすめします。

MMORPGは一人でプレイするRPGとは大きく異なります。通常のRPGと同じ感覚でプレイしていると十分楽しめない場合があります。MMORPGを楽しむには、いくつかのポイントがあるのです。
最も基本的なのは、多くの人と一緒にプレイしていることを忘れないことです。コンピューターが動かしているキャラクターと同じように、他の人が操作するキャラクターに接してはいけません。相手が不快な思いをすることもありますし、トラブルに発展してしまうこともあるからです。コツはリアルの世界と同じようにコミュニケーションを取りながら楽しむことです。例えば、モンスターを倒してアイテムを入手したら、1人で独占するのではなく話し合って分け合うのです。また困っている人がいたら助けて助けてあげるとよいでしょう。強大な敵は一人では倒せなくても、他の人と協力すると倒せることもあります。これら全てに共通していえることは、コミュニケーションが欠かせないということです。
コミュニケーションが苦手なナイーブな人はMMORPGを楽しめないと思うかもしれません。しかし、そんな心配は不要です。ヘッドセットを用意して、音声会話を使ってプレイするゲームもありますが、一般的なコミュニケーションは文字でのやりとりです。メールを打つ感覚で構わないということです。相手を不快にする発言はよくありませんが、必要以上に緊張する必要はありません。一緒に冒険している仲間を思いやりながらプレイすれば、楽しめる場合が多いでしょう。

頑張った分だけ確実に報われるMMORPGは、若者を中心に愛好者がいます。目に見えて成長している実感を持てるために、長い時間をプレイに費やす人もいるほどです。熟練度に関係なく同じMMORPGの空間を利用している以上は、最低限のマナーを重視してプレイするべきです。浮世離れした衣装を着た分身が活動する事実を根拠として、好き勝手な発言や行動は慎まなければなりません。自身を律したいのなら、目の前に人間が存在するときと同じように振る舞う姿勢が効果的です。
時間厳守の概念は、MMORPGの世界でも当てはまります。約束した日時に遅れないで目的地へ赴くことは、現代人が守るべきマナーの一つです。たとえば、遠くない将来に指定した場所で集団行動を始める約束を取り付けたとします。当日を迎えた段階で急にMMORPGを楽しむ気分になれなくなるなど、身勝手な根拠で無断欠席してはなりません。現実世界と同様に待っている人がいるのですから、前もって不参加の意思表示を行っておく必要があります。
人の所有物を横取りする行為は、社会的な制裁が皆無に等しいMMORPGの世界であっても慎むべきです。数秒の間に敵を倒してしまえる道具など、有用性の高いものであるほどプレイヤーたちは真剣に取得するために努力します。にもかかわらず一瞬で労力が水の泡になる場合、相手方に感情移入すれば何を感じるかは明白です。人として忘れてはいけないマナーですから、MMORPGでも差し控えるに越したことはないです。